プロフィール

空手家のたまご

Author:空手家のたまご
42歳直前の秋、少年時代に憧れていた極真会館が近所にオープンしたのを知り、当時小学生の息子二人と入門。 現在、52歳茶帯6年の空手家のタマゴ
大会成績 準優勝2回、3位2回、残念ながら優勝経験は無し。

お得な情報
カレンダー
11 | 2009/12 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
参加ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ

 にほんブログ村 空手

 FC2 Blog Ranking

  人気blogランキングへ

 ブログ王 Ranking

 ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
お勧めの和書
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
お勧めコーナー
http://astore.amazon.co.jp/tomusann-22
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ボロボロです(-_-;)

今日は久しぶりに稽古に行ってきた。

稽古へのモチベーションが下がっていたのもあるが、仕事の方も記念式典の準備や来年度の予算編成の準備など色々と忙しかったのだ。

で、振り返ってみると11月11日以来の稽古でした。(-_-;)

参加者は7名と少なく、円陣での基本稽古となるが、受けの基本で打ち受けを終わったあと、下段払いに移るのだが思わず「打ち受け下段払い」と言ってしまった。(^_^;)

たかだか1カ月、稽古に出てないだけで基本の順番を間違えてしまうとは、あまりにも情けない。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

蹴りは途中参加のKさんを交えて、基本稽古を行わずに移動稽古で9往復ずつ、前蹴上げ、前蹴り、横蹴り、回し蹴りと進んだが、途中から息があがりヘロヘロだった。

体力が落ち切っているのを実感。

オイラの状態をみて、かわいそうになったのか? 師匠が休憩を入れてくれた。 ホッ!!






スポンサーサイト
2009.12.15 Tue | 稽古日記 | T:0 | C:2
久しぶりの大会観戦
今日は某流派の空手大会の観戦に出かけてきた。

今年最後の大会だ。

うちの道場からも少年部、中学生軽量、女子一般、マスターズに選手を送り込んでいる。

コートは4面、全国規模の流派ではないにも係わらず、これだけの参加者を集めれるとは流石だ。

今回の大会、有名どころでは極真、正道も参加しており、普通では考えられないだろう。(^^ゞ

独立のペナルティのお陰?で、審判もやらなくてもよいのでゆっくりと試合を観戦できる。(^_^;)

・・・・が、煙草を吸いに喫煙所へ出かける機会も多く、また、4面で試合が同時に進行するため、少年部の試合の半分は見逃してしまった。(-_-;)

セコンドが誰も付かずに試合をしている少年部もおり、大変申し訳なく感じている。 ごめんね m(__)m



大会に出かけると、元道場の仲間や試合で知り合った人たちとの会話も弾む。

前にも書いたことがあるが、オイラと同じ年の49歳のHさんの姿を見かけ声をかける。

「今日も試合に出るの?」

「はい、一般の軽量に・・・」

「すごいなぁ! 応援するから頑張ってね」

てな感じだが、本当にすごい人だ。

オイラも1回くらいは一般に出場してみたいと思ったことはあるが、実際に試合に申し込む勇気は出なかった。

まぁ、勇気というより実力もないのだが。(-_-;)

ゴン中山が言っていたが、「あきらめた時が終わりの時」

オイラはもう終わっているのかも知れない・・・・かも。

あきらめの悪い男になりたいな。



そんでもって、49歳のHさんの対戦相手は体力バリバリの高校生。

さて、試合はどういう展開になるのか?





2009.12.13 Sun | 空手雑感 | T:0 | C:0
FC2カウンター
リンク
相互リンクを募集中です。 ご希望の方はコメント欄にご記入ください。
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
フリーエリア
 格闘グッズ購入ならマーシャルワールド  トレーニング用品を格安にゲット!今がチャンス!! 人気の楽天の中から、最安値商品をゲットするにはここ! 自分で撮影した面白動画、衝撃シーンなどなど公開して、みんなに見てもらおう!!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。