プロフィール

空手家のたまご

Author:空手家のたまご
42歳直前の秋、少年時代に憧れていた極真会館が近所にオープンしたのを知り、当時小学生の息子二人と入門。 現在、52歳茶帯6年の空手家のタマゴ
大会成績 準優勝2回、3位2回、残念ながら優勝経験は無し。

お得な情報
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
参加ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ

 にほんブログ村 空手

 FC2 Blog Ranking

  人気blogランキングへ

 ブログ王 Ranking

 ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
お勧めの和書
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
お勧めコーナー
http://astore.amazon.co.jp/tomusann-22
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011 partⅢ
また、明日とか言いつつ数日が過ぎている(-_-;)

で、二日目の朝食後、10時までの長い休み時間があった。

就寝部屋のソファにもたれ掛り、しばしの居眠りに入るが、眠たいのになかなか寝れない。^^;

10時から12時まで型稽古。

昇段審査用の平安Ⅴ、征遠鎮の他、突きの型を行う。

突きの型は5年くらい前にやったきりで、殆ど覚えていない。

それでも、やって行くうちに、あっそうそうって感じで思い出してくる。


12時から昼休みに入り、13時から本部少年部と各道場の壮年部も交わり合同稽古となる。

1時間に渡る移動稽古は流石にキツイでちゅう^^;

もう、汗びっしょり 足はプルプル状態です。

最後に、壮年部が少年部に胸貸し、オイラ達が壮年部に胸貸し、そしてオイラ達が黒帯先輩に胸を借りる組み手稽古を終えて稽古終了となりました。

約1年以上、まともな組み手をやっていなので、組み手の感じが戻ってきませんが、あまりダメージ無く終了。

ふと気付くと足の水膨れが破れて皮が捲れ上がってましたが、感覚が無くなってるので痛みも感じずに稽古してました。www

昇段審査で一発合格以外、来年もこんなことをやるのかと思うと心が折れそうです(~_~;)

さてさて、昇段審査はどうなる事やら^^;









スポンサーサイト
2011.03.31 Thu | 稽古日記 | T:0 | C:0
2011年 partⅡ
あらら、昨日途中まで書いて寝堕ち(-_-;) しかもアップになってる^^;

で、続きだけど、今日は会議終了後に懇親会があり酔っ払い状態なので、またまた寝堕ちしてしまうかも^^;

アドバイスをいただき、両手で足先を包み込み温めるが、なかなか常温に戻らないのですよ(-_-;)

そんな状況を見て医者のS先輩が、オイラの汚い足を優しく両手で包んでくれるのですが、右足は水虫気味の症状があり、悪くて「押忍!もうだいじょうですから」と足を引っ込めますが、ジンジンとした痛みは収まりませんw

夜も遅くなってきたので、もういいやって感じでシャワールームに入り、お湯をかけちゃ不味いと水をかけて温度上昇を待ちますが、体が震えてくるので、足にお湯がかからないように体にシャワーを浴びたりと大変です。

ともあれ、時間をかけながらシャワーを浴びて就寝部屋に戻ると、なんと一部で酒盛りが始まってますw

職員のO先生から酒の差し入れがあったそうですが、ただでさえ無呼吸症候群でマスクをしていないと鼾の煩いオイラは遠慮してましたが、足がジンジンと痛み、このままでは寝れないかも?とちょっと煽ることにしました。(^^ゞ

ビール2缶と冷酒2杯を煽り、1時頃に寝床に付きましたが、うとうとしては足の痛みに目が覚めるという状態で夜を過ごしましたので、殆ど寝ていない状況で朝5時半に起床の目覚ましで布団から抜け出ます。

そして、ジンジンしている足を見るとつま先の殆どが水膨れとなってます。(-_-;)

しもやけ? 軽い凍傷? 

でも、そんなことにはおかまいなしに6時から、暖房も入っていない道場での座禅が始まりました。

ただでさえ寒いのに先輩が途中から大きな扉を全開に開き、北国の外の空気を道場に送りこみます。

とはいえ、我々に付き合ってくれている先輩も道着姿なので、我々と同じく寒いはずなので、オイラ達が寒いなんて言ってられません。m(__)m

普段から姿勢の悪いオイラが背筋を伸ばして30分も座禅を組むのはとても辛いです。

時折、早朝の静かな道場に「喝」の竹刀の音がビッシっと響き渡り、同時に竹刀を背筋に合わされ、無言で背筋を伸ばすように注意されます。

「なんでオイラはこんな辛い思いをしなきゃらな無いんだ!もう辞めて家に帰ろう」と幾度も心が折れそうになります。(マジ)

でも、なんとか30分の座禅は乗り越え、続いてランニングのために外に出ます。

うぁ!昨日の夜より寒い!

2km位走って、喫煙者のオイラは徐々に遅れはじめ、とうとう最終尾になってしまいました。(-_-;)

そんなオイラにK先輩が付き合ってくれて一緒に走ってくれます。(感謝)

最終的には、オイラの先を走る人の姿が見えなくなってしまいました。(-_-;)

50歳という年齢のせいではないです。普段の不摂生な生活とタバコが原因と深く反省・・・。

やっとの思いで道場に辿り着き朝食となりました。

続きはまた明日!







2011.03.23 Wed | 稽古日記 | T:0 | C:0
2011年^^;
なんと2010年6月から、またまた放置となっていた^^;

極真復帰から9カ月が過ぎた。

2月には昇段審査受験資格となる幹部合宿に参加した。

土曜夜7時より、基本・移動・筆弾?(道場訓を書いては拳立て伏せ50回を30分間)を9時まで

遅い夕食を摂った後、歩いて20分位の公園に行き、雪中の中での座禅を30分。

気温は零下であるが風が無く、我慢できないということはないが、やはり寒い^^;

これで終わりかと思いきや、膝上まで積っている雪原を約150メートルを往復で走ろと・・・

しかも、裸足で・・・・(-_-;)

日中は天気が良く気温があがり、多少融けた雪原は夜の気温で冷え固まりザラメ状態となり、もはやガラスの破片に近いものがある。

痛さを避けるためにゆっくりと行きたいところだが、雪の中を裸足で歩くとなると突き刺すような冷たさが足を襲ってくるので、ダッシュせざるを得ない。

一往復しただけで膝下まで擦り傷があちらこちらに現れ、指先は冷たさで感覚がマヒしている。

最初は裸足で3本と言っていたが、流石にこの状況を見かねてか、靴を履いてあと3往復と言うことになる。

しかし、オイラは寒さと肺疲労のためか途中から過呼吸になってしまい、1往復半で止められリタイア(-_-;)

道場までの帰路も呼吸が整わずに、ハァハァいいながらゆっくりとしか歩けない。

やっとの思いで道場について、1日目の合宿メニューが終了となったが、足がジンジンと痺れる? いや痛い。

軽い凍傷にかかっているかなぁ?って感じだ。

直ぐにでもシャワーを浴びて眠りに就きたいところだが、いきなりお湯を浴びると低温火傷を負うので、先ずは足先を手で包み体温で温めるようにとのアドバイスを貰う。



2011.03.23 Wed | 稽古日記 | T:0 | C:1
FC2カウンター
リンク
相互リンクを募集中です。 ご希望の方はコメント欄にご記入ください。
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
フリーエリア
 格闘グッズ購入ならマーシャルワールド  トレーニング用品を格安にゲット!今がチャンス!! 人気の楽天の中から、最安値商品をゲットするにはここ! 自分で撮影した面白動画、衝撃シーンなどなど公開して、みんなに見てもらおう!!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。